迷った時は○番を選んでおけ!

出る所だけ、やればいいのに・・・

【問題】日本で二番目に高い山を、以下から選べ。
 1.エベレスト
 2.槍ヶ岳
 3.北岳
 4.富士山
最強の勉強法
やられた。
ここは勉強していなかった(汗;
山の問題だけにヤマを張ったつもりが、まんまと新問題が出るとは・・・

まぁ、常識で1と4は外せるけど、2と3で悩むなぁ。
う〜ん、どっちだろう??全く見当がつかない。
エイ!こうなったら、もうテキトーだ!
運も実力の内。2番でいいや(アハハ・・・

ちょっと待って!!!
     のぞみの「マヨコレ!」
いけません。
わからない問題を投げやりでテキトーに選ぶのは、まだまだ早すぎですよ!
それは正答が全ての選択肢に対して、まんべんなく均一に分布している場合の最終手段です。

もしも正答の分布に極端な偏りがあるならば、これは選択の助けになるかも知れません。
はたして正答は、均一に分布しているのでしょうか?
この分布の偏りを見ずに、一か八かの運だけに頼るのは尚早ですよ。

最強の勉強法 あ!のぞみ先生!!
危うく、テキトーに2番を選択してしまうところでした(汗;

で、正答の分布??
言われてみると確かに、正答は1〜4番に均一に分布しているとは限らないか。
過去問題を集計してみて、もしも極端な偏りがあるならば・・・
次回の試験でも、似たような偏りが出るかもしれない!

一つの問題でも、アプローチする角度って色々とあるんですね。
キッチリ理解するorテキトーに選択するという2択以外に、こんな画期的な選び方があったとは・・・
では実際に、正答はどの程度のバラツキがあるんだろう。

ハイ、待ってました!
     のぞみの「迷った時はコレを選んでおけ!」
では試しに直近5回の試験における、正答の番号を集計してみましょう。
正答の分布(直近5回分)

ややっ!
何やら、アンバランスな偏りが見えてきましたね。
左の数字は、全体に対する%です。
単純計算ではありますが、1番2番よりも、3番4番の方が数値が高いですね。

つまり2番と3番とで悩んだ時は、3番の方が正解に近いことがわかります。
こういった統計データを知らずにテキトーに2番を選んでしまうのは、あまりにもったいない。

最強の勉強法 のぞみ先生、ありがとう!
凄い!
過去問題の正答って、こんなにも偏りがあるんですね。
今まで考えたことも無かった・・・
問題に正面から向き合うばかりで、このような統計データという目線では見ていませんでした。

知っていると知らないとでは大違いですね。
やっぱり大切なのは情報力なんだと、改めて痛感します。
とりあえず今回は、3番の北岳を選んでおきます(エヘヘ;

でも、この正答の分布の偏りって、中長期的に続くのでしょうか?
調査した5回分だけが、たまたまこのような分布だった可能性もありますよね?
教えて!のぞみ先生!

良い質問ですね!
     のぞみの「マヨコレ!」
確かに、集計した回だけに見られる特異現象の可能性もあります。
それでは、更にその前の5回分も見てみましょう。
こうすることで、時間的な流れが見えてくる場合があります。
正答の分布(直近5回分) ← 正答の分布(その前の5回分)

どうですか?
以前の5回分にも、何かしらのバラツキが見られますね。

ここから判断できることは・・・
 ・1番は中長期的に少なめである
 ・4番は中長期的に多めである
 ・最近は2番が減って、3番に勢いがある
こういった時間的な傾向が見えてくるのです!

最強の勉強法 わぉ!のぞみ先生!
分布の偏りも、それらの流れを見ることで傾向がつかめるんですね。

これさえあれば、試験当日も怖いものなし!
わからない難問に遭遇したらテキトーには選ばず、偏り分布に従うことにします。
一問でも多く得点できる可能性が高まるから、合格に近づきますね。

今まで、どうして知らなかったんだろう・・・
喉から手が出るほど欲しい、恐るべきツールです。

でも過去問題って膨大な量があって、これを全部集計するのは大変。
試験勉強だけで精一杯なのに、分布の偏りまで分析してる時間なんてありません(涙

そうですよね。
     のぞみの「迷った時はコレを選んでおけ!」
これは膨大なる過去問題を、緻密かつ正確に集計しなくてはなりません。
しかし、忙しい社会人の受験者さんに、そんな時間はありませんよね。
ですから、当スクールが皆様に代わってデータ化いたしました。

しかも、単純に数値だけのデータではありません。
最後には調査に長けたベテランの眼で、出題者のクセを絞り込んでゆきます。

当スクールは、単なる予想屋ではありません。
受験者と同じ目線で一緒に戦い、「合格のしかた」を教える指南役です。

迷った時は、コレを選んでおけ!
略して「マヨコレ!
やってはならぬ勉強法を回避せよ!
試験ごとに刷新される最新版の「マヨコレ!」、欲しいですか?

これを入手できるのは、のぞみテクノロジーだけです。

過去問題の正答分布レポート「マヨコレ!」は、現状では下記の資格について展開しています。
第一級陸上特殊無線技士(一陸特)
伝送交換主任技術者
第一級アマチュア無線技士
工事担任者

南アルプス、北岳

【答】3.北岳


<< 前のページに戻る

受験Information(無線)

受験Information(施工管理)

受験Information(設備)

レクチャー動画紹介

特殊無線技士、過去問の動画、無線工学

一陸特・無線工学
平成26年6月JZ66A(午前)問題6。半導体の問題です。半導体の基本的な性質をおさえよう。

特殊無線技士、過去問の動画、法規

一陸特・法規
平成26年6月JY66B(午後)問題5。スプリアス発射、対域外発射の問題です。文言の定義。

第一級陸上特殊無線技士の集中ゼミ講座

のぞてく推薦図書

◆シンプルに1行で総仕上げだぜ◆

伝送交換・設備管理 最後の悪あがき
伝送交換・設備管理 最後の悪あがき


試験日が目前に迫っているのに、長々とした解説なんか読んでる暇ないよ・・・

もっともっとシンプルに、極論を言えば「一行」で解説している問題集は無いものか・・・
無いなら作りました。

手遅れ」と叫ぶのは、まだ一時間早いですぞ。

外出先でもスマホで手軽に読めるKindle版です。
この一冊で、合格ラインへの底上げをしましょう。

冒頭の部分は無料で読めますので、まずは御一見あれ。

Page Top