1級土木施工管理(学科) 過去問題の出題範囲分析シート

講習会等にお越しになれない、ご多忙の受験者様。
居住地域の差によるハンデは最小限にしたいとの考えから、資料の一部を一般販売しています。

次回の1級土木セコカン・学科試験にて、集中的に出題される過去問題のボリューム・ゾーンを示した、業界唯一の虎の巻。

1級土木セコカン・学科試験 過去問題の出題範囲分析シート


過去問への着手にあたって「出る範囲」と、その範囲の中で、ほぼ「出ない問題」を一覧表の形にしたものです。

サンプル(PDF版)はこちらをクリック

これ一枚で、手をつけるべき範囲を明確に固定できる。
さらにその範囲から、出ない問題として44%も削減できます!
もちろん、試験期ごとに最新に刷新されるリアルタイム対応。

使い方は、カンタン!
「●●点の獲得が目標なら、過去問のコノ範囲をやるべし。ただしコレコレは出ない事が判っているため、手を付けるな」

過去問題分析のパイオニアだからできる、この驚きの精度!
この楽々エスカレーターに乗って、合格への無駄のない最短ルートを進みましょう。
これを入手できるのは、のぞみテクノロジーだけです。
         お申し込みは、こちらから!
内容の精度の高さに驚くのは、試験が終わってからで良い!
今すべき事は、間違った勉強法からの脱却です。

ライバルたちは既に使っていて、数歩も先を走っていますよ。
そう、手遅れにならない内に・・・
初学者にも最適初学者には特におススメです!

まさに目からウロコの、悪魔のリストと言えますね。

1級電気工事施工管理技士 受験インフォメーション

1級土木施工管理技士 試験情報

難易度 ☆☆☆☆(難関)
受験機会 1回/年 (学科6月、実地10月)
平均合格率 17.7% (学科×実地)
受験資格制限 あり
標準学習時間 173時間
科目合格制度 学科合格は1年間有効
実施科目 土木工学等、施工管理法、法規
受験料 8,200円(学科・実地それぞれ)
試験実施機関 全国建設研修センター

過去問題からの再出題率

◆学科試験
一陸特の過去問題からの再出率

1級の学科試験では、全体の55%が過去問題から再出題されています。
これでは一見、過去問題だけでは合格レベルに到達できないようにも解釈できます。

しかし実際には、96問出題された内の65問だけ解答すれば良いことになっています。
単純計算で解答不要な31問に相当する32%を排除してみると、以下のようになります。
一陸特の過去問題からの再出率

こうすると、完全に過去問題のみで合格ライン(60%)を充分に賄えられる事がわかります。
選択肢が1つ差替えられた「酷似問題」と、2つ差替えられた「近似問題」が大多数を占めているのが特徴。

テキスト中心型で幅広く手を付けるより、過去問題に注力した方が遥かに効率が高いと言えますね。

試験と申請の日程情報

2018(平成30)年

【学科試験】
申請書の受付期間:3月16日(金)〜30日(金)

期日 午前
9:45〜12:30
午後
 13:35〜15:45
会場
7月1日
日曜日
学科試験 学科試験 各地

試験問題、公式解答開示:7月2日(月)13時

【実地試験】
申請書の受付期間:8月17日(金)〜31日(金)

期日 午前
午後
13:00〜16:00
会場
10月7日
日曜日
実地試験 各地

試験問題開示:10月9日(火)13時

※ 変更となる場合もありますので、正確な日程情報は公式サイトで改めてご確認ください。
一緒に合格しよっ!電気セコカン2級


<< 前のページに戻る

受験Information(無線)

受験Information(施工管理)

受験Information(設備)

レクチャー動画紹介

陸特一、過去問の動画、無線工学

一陸特・無線工学
平成26年6月JZ66A(午前)問題6。半導体の問題です。半導体の基本的な性質をおさえよう。

陸特一、過去問の動画、法規

一陸特・法規
平成26年6月JY66B(午後)問題5。スプリアス発射、対域外発射の問題です。文言の定義。

第一級陸上特殊無線技士の集中ゼミ講座

のぞテク推薦図書

◆シンプルに1行で総仕上げだぜ◆

伝送交換・設備管理 最後の悪あがき
伝送交換・設備管理 最後の悪あがき


試験日が目前に迫っているのに、長々とした解説なんか読んでる暇ないよ・・・

もっともっとシンプルに、極論を言えば「一行」で解説している問題集は無いものか・・・
無いなら作りました。

手遅れ」と叫ぶのは、まだ一時間早いですぞ。

外出先でもスマホで手軽に読めるKindle版です。
この一冊で、合格ラインへの底上げをしましょう。

冒頭の部分は無料で読めますので、まずは御一見あれ。

Page Top